法人紹介

理事長あいさつ

昭和53年7月に社会福祉法人三晃福祉会は認可され、同年12月に児童養護施設「東光虹の家」が開設されました。
続いて昭和57年1月に母子生活支援施設「虹ヶ丘園」を開設し、平成17年5月には乳児院「東光乳児院」を開設され、一貫した児童福祉の運営をしてまいりました。

児童福祉に関心がもたれて来た今日、より家庭的養護をめざした小規模化に移行し、支援の形を変えて平成25年4月には地域小規模児童養護施設「こどもの家童夢」を開設し、児童養護施設本体施設を大舎制から小規模ユニット化にした改築工事をいたしました。平成28年1月に完成しユニットにこども達6~8名の新しい生活が始まりました。

新築のかおりいっぱいの明るい部屋で個室で過ごすこども達は、これから自分達の居場所となる家づくりに笑顔で取り組んでいってほしいと思います。「ここに居て良かった、安心できる」と思える自分たちの家づくりに参加してほしいと願っています。
平成12年より開設されている児童養護支援センター「こども家庭相談室」は、地域の皆様に役立っていただきたく相談等に応じながら子育て支援事業を行っております。
これからも地域に愛される施設事業の運営に役職員一同力を合わせてまいる所存でございます。

お問い合わせ